プチモール TOP >  cute*cute > 私の絵画教室体験記

 わたしの絵画教室体験記 

小さいころは絵が好きで暇があれば鉛筆片手に絵を描いている子供でした。
親戚のおうちにお邪魔しても、公園でも、居間でみんなでテレビを見ているときも、広告の切れ端とかノートの片隅に絵ばかり描いていました。
机でお勉強する時間もこっそりお絵かき〜
母が覗いたら、パパっと机の引き出しにしまって、みたいな、
こうして書いている間も、なんだか、胸が熱くなってきちゃいました〜
なんでだろ・・・ずっと好きだったことを続けなかったからかな><

そうそう、 このあいだ母がこんなことを話してくれました。
まだ小学校の低学年ぐらいの頃、おばあちゃんの田舎へいとこたちと出かけたときのお話です。
時は夏。たぶん(笑)

みんなはスイカだっけ?何かを食べて居るのに、
私は、食べようともしないで、紙と鉛筆ちょーだいといって、ずっと絵をかいていたそうです。
そういえば、そんな感じの子どもだったんです(^^ゞ
そういえば、おばあちゃんちに行っても、紙と鉛筆をもらって、
畳の上でずっと何か書いていたような気がします。広告の裏が多かった気がします。

絵を描くことは、今でも大好きだけど、なんだかキッカケを失っちゃって、
そんなワケでお絵かき教室に通い始めましたっ。
初心者でもOKという教室で、って、初心者でもないけれど、色の付け方とか、塗り方っていうか、
そういうこと、ちょっとアドバイスいただきたいな、って思って、思い立ったらいざ行動〜
こうでもしないと始められないというのが大きな理由でもあるのですが。


先生も絵を始めるきっかけは、漫画だったとか。
引きこもりというワケではないけど、みたいなことおっしゃってました。
閉じこもって絵を描いているから
おたくっぽいみたいなことをおっしゃってましたが、
とってもよい先生みたいで、良かったです。

私も中学生ぐらいのときは、机の上で少女マンガをそのまま真似て書いたり、
果物を描いたり、そうそう、さくらんぼとか、ブドウとか、バナナとか、リンゴも書いたっけ。
果物ってイラストにすると、意外にカワイイんです♪
ブドウは粒を書くのが楽しかった気がします(^^)
粒がかさなりつつも、▼に書く、みたいな。あ〜、懐かしい〜

時期的になのか、絵画教室もすごくたくさんあるみたいで、
新聞がはいるたびに教室の案内が気になります。
でも、まずは水彩画から教えてもらおうかなって思ってます。





 わたしの絵画教室体験記  鉛筆でデッサン編



                                                        このページのTOPへ



今月の人気おケイコランキングをチェック!